原因とAGA病院との二人三脚

AGAになってしまう原因は色々あります。
まず挙げられるのが『遺伝』。AGA病院に通院されている方の8割が遺伝によって発症してしまい、若年性脱毛症の方は特に影響が大きいそうです。

男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝は脱毛に関係があるとされ、母親の方の祖父母から遺伝するようですが、父親の脱毛も子供の脱毛に影響されてくるそうです。次に挙げられるのは『男性ホルモン』。

男性ホルモン(テストステロン)はヒゲなどの体毛はよく成長させるホルモンですが、髪の毛には逆の効果を持つもので、『毛深い人ほど脱毛してしまう』と言われるのはこのためであるといえます。

また、DHT(ジヒドテストステロン)が脱毛している部分に多く見られ、この成分が髪の成長を妨げて髪が抜けてしまう悪い効果を持っているようです。髪が生えてから抜けるまでのサイクルを短くしてしまい、結果薄毛になってしまうといえるのです。

そして三つ目に挙げるのは『生活習慣』。
普段の生活が原因でAGAになっている場合もあり、それらはAGA病院からも注意を促しているものがあります。

一つは規則正しい生活をすることで、ストレスをためてはいけません。ストレスがたまってしまうと血管に影響が出て毛根に栄養が運ばれなくなります。

二つ目は喫煙、三つ目は飲酒です。タバコを吸っていたり、お酒を飲んでいることもAGAになってしまう可能性があり、タバコやお酒により栄養を運びにくくするほか、栄養を壊してしまったり作りにくくし、治療を開始している場合は効果が薄れたりして、余計な費用を生み出してしまいます。

AGA病院では禁煙・禁酒を促し、治療に専念させています。

脱毛を気にされている方はまず、禁煙・禁酒を心がけ、今までそれらにかかっていた費用を治療費用に当ててみてはいかがでしょうか?

当サイトでもっともアクセスの多い人気の記事BEST3
1位: 自宅でチェック!AGA遺伝子検査キット
2位: まんがで見る髪の相談室
3位: AGA治療人気NO1!聖心毛髪再生外来

関連エントリー

 
Copyright © 2009 AGA病院の人気ランキング【費用・効果など】. All rights reserved