AGA病院が示すAGAとは

皆さん、AGA病院という言葉をご存知ですか?
今、爆笑問題のお2人がコマーシャルをされていて、何かと話題になっていますね。

『AGA』とは脱毛症の一つでAndrogenetic Alopeciaの略です。
『男性型脱毛症・男性ホルモン型脱毛症』の事を指し一般的に『脱毛』と呼ばれますが、『円形脱毛症』や『脂漏性脱毛症』などとはまた異なります。

主に30代~50代の男性に症状がみられていますが、脱毛や薄毛などのほとんどがAGAに分類されるといわれています。

その中でも『若年性脱毛症』と『壮年性脱毛症』に分けられていて、『若年性脱毛症』は20代~30代の方を指し、『壮年性脱毛症』は40代~50代の方を指します。

日本全国ではこの症状にかかっている方はおよそ1260万人に上ると言われており、そのうち症状を気にされている方は800万人、症状に対し何らかの対処をされている方が650万人いらっしゃるそうです。
ただAGA病院での治療の効果が出ていても費用は高額になってしまうのです。

この男性型脱毛症は進行性であり、何もせずにいると脱毛は徐々に進み次第に『薄毛』になってしまうようですが、治療を始めると徐々に効果が見られ、治る可能性もあるそうです。

因みに女性にも同じような症状があるとされており、『Female AGA』、『FAGA』と称され『女性男性型脱毛症』と呼ばれているそうです。

この女性の場合、男性とは違い脱毛が進むのではなく、全体的に髪の毛が細くなってくるので、男性のように完全に抜け落ちてしまうことはまずないと言えるでしょう。

薬の効果や使用期間、カウンセリング費用や薬剤費用なども個々によって異なってきますが、いずれにしても薄毛や脱毛を食い止めるには早めにAGA病院にかかるのが良いでしょう。

当サイトでもっともアクセスの多い人気の記事BEST3
1位: 自宅でチェック!AGA遺伝子検査キット
2位: まんがで見る髪の相談室
3位: AGA治療人気NO1!聖心毛髪再生外来

関連エントリー

 
Copyright © 2009 AGA病院の人気ランキング【費用・効果など】. All rights reserved